花咲く着物女子

格式高い着物レディー

成人式

成人式の振袖選び、初めて振袖を選ぶ場合、どんな基準で選んでいいのかわかりにくいものです。流行りで選ぶもよし、自分の好みで選ぶのも良し、いい思い出になるようにじっくりと選びたいものです。呉服屋で選んだり、デパートの着物売り場で選んだり、成人式向きの着物の展示会で選んだりすることになりますが、ある程度事前に情報を入れておいたほうが、店舗や展示会で選ぶ際に戸惑うことも少なくなります。

上手に選べば、着物は一生もので、子どもや孫に渡すという楽しみもあります。一生の記念にもなりますので、事前に十分な下見をすることをおすすめします。下見をせずにいきなり展示会などで選んでしまう人も多いようですが、展示会などで大量の着物をいっぺんに見ても、情報が飽和状態になってしまいます。普段それほど着物に接する機会もない人も多いでしょうから、着物の見方がわからなかったり、自分がどんな着物の柄が好きなのかが定まっていないという場合も多いものです。下見を行うことである程度、着物に対する目を養うこともできますし、自分の好みの方向性やどのような色や柄が似合うのかなどを確かめることもできます。

安くない買い物ですから、時間をかけることをおすすめします。成人式の晴れ着は、レンタルで十分と考える人もいるようです。レンタルという選択も合理的で、経済的な選択です。購入のとレンタルそれぞれに、メリットとデメリットがあり、よく考えて選べば、自分にとっての最適な選択ができます。レンタルと購入の比較も、事前情報が大切になってきますので、早めに晴れ着の準備をすることをおすすめします。レンタルの場合でも、人気のある振り袖は予約されるのが当然早くなってしまいますので、準備は早めに行うのがお勧めです。振り袖を購入するメリットとしては、一生の思い出になる、自分の好みを反映しやすい、寸法を体型にピッタリと合わせる事ができるなどがあります。

デメリットとして、着物は保管が難しく、使用後のクリーニングやメンテナンスの難しさ、保管の場所の問題、仕立てるまでにある程度時間的な余裕がいることなどがあります。購入コストは事前にある程度予想ができていることですが、保管やクリーニング等のコストは、着物に普段触れていない方は、予想がつきにくいものです。着物に詳しい方に相談しておくか、インターネットや情報誌で、トータルのランニングコストを計算しておくことをおすすめします。一生に一度の晴れの日の振り袖、いい思い出になるように早め早めの準備をおすすめします。